地域教室「足から健やかにみんなで美しく歩いてみよう」

 

豊中市の地域教室

「足から健やかにみんなで美しく歩いてみよう」

 

豊中市の地域包括支援センターが主催する、介護予防・認知症予防(認知症ケア)・高齢者虐待や成年後見制度等の権利擁護といった高齢者の在宅生活の支援を目的とする教室が実施されています。

そのイベントのひとつとして、「歩き」をテーマにした地域教室を担当させていただくこととなりました。

 

★以下、豊中市HPの情報です★

地域教室 (←クリックください)

 

●日程 2019年10月24日(木)

●時間 14:30~15:30

●場所 豊中グリーンヒル(豊中市緑丘3-330-2)

●対象者 どなたでも参加可能

●定員 20名

●講師 伊佐地 弘基(アイソウルワークス代表、理学療法士)

●備考 

→お住まい、年齢、性別問いませんので、興味のある方やご家族の付き添いの方など是非お立ち寄りください。

→当日は、13時よりイベントは開催されています。

・指導講師によるポールウォーキング体験

・福祉用具の展示

・栄養士さんによる介護食の試食コーナー

・コープこうべによる移動店舗販売

 

14:30からのイベント内容ですが、

✔ 身体にとってどんな足が理想なの?

✔自分の足を知ろう

✔いい姿勢・いい歩きをするための足のセルフケアを知ろう

✔正しい姿勢で歩いてみよう

です。

 

 

人ぞれぞれ、姿勢や歩き方は異なります。

まずは、自分がどんな姿勢で、どんな足をしているか、そしてどうすれば良い歩き方や良い姿勢ができるのかをわかりやすくご紹介します。

なぜ、姿勢が重要であるのか。

なんとなく良い姿勢が身体に良いことはご存知かと思います。

不良姿勢は身体各部にさまざまな問題を生じさせます。

年齢を重ねることで筋力や感覚をはじめとする身体機能は低下してきますが、その影響を姿勢は受けます。

姿勢が悪くなれば、歩き方も悪くなります。

悪い歩き方をすれば、関節や筋は過度なストレスを受けることなり、痛みや不快感として現れます。

どうすれば、この悪循環を断ち切り、健やかに生きられるのか。

そのヒントが多く詰まった内容を、具体的にお伝えできればと思っております。

 

広報とよなか10月号

こちらにも今回のイベントが掲載されています。

申し込みやお問い合わせは、以下までお電話にてお願い致します。

●少路地域包括支援センターほっと

06-6854-7878

先着20名となっておりますので、お早めにお電話をお願い致します。

※お住まい、年齢、性別など問いませんので興味のある方、ご友人やご家族をお誘いの上ご参加ください。

当日参加も可能です。

 

当日、お会いできることを楽しみにしております。

お誘い合わせの上、是非お越しください。

 

アイソウルワークス

伊佐地 弘基

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA