かかと後面の痛み(アキレス腱の付着部痛)におけるインソール処方

 

「右足だけ踵(かかと)の後ろが痛い」

あるクライアントさんからの紹介で来店いただきました。

症状としては、“右アキレス腱付着部である踵後面の運動時、運動後の痛み”でした。
このクライアントさんはあるスポーツの指導者をされていて、練習の度に痛みが出るため、アイシングやお灸にてケアをされてきていました。

なぜ、右足だけが痛いのか。
この時点で、姿勢や動作パータンの変容が問題であることが予測されました。
こんなとき、インソールの効果は間違いありません。

まずは、身体アライメントの特徴をつかむことが重要ですが、立位や歩行の基本動作を確認することで「メカニカルストレスの要因」が推察できました

 

①立位姿勢です。

右肩が大きく右側に傾斜していることがわかります。

また、骨盤も右側に傾斜しています。

頭部が右足側に変位しており、右上肢(肩関節)も外転位です。

この時点で、身体重心が右下肢に変位していることがわかります。

ここで、歩容がどうなるのかを予測します。

 

②裸足歩行です。
「左図」が右側の踵接地のタイミング、「右図」が左踵接地のタイミングです。※動画をカットしました。

左右差があることが明確です。

右側の踵接地に向けて、大きく体幹が右側に傾斜し、墜落性の動きがでています。
接地場所も左のつま先から離れた位置となっています。
左側においてはそれらのような動きはなく、体幹も正中位を保てています。

また、痛みの出るタイミングは、“踵接地から”です。勿論、蹴り出しでの痛みも継続して出現していました。

 

③身体アライメントと局所評価
まず、身体アライメントとして、大きな特徴は、

「右下肢の短縮(脚短縮)」 ※約1.5~2.0cmの短縮

でした。
結果、右肩と右骨盤が下制してしまい、身体重心も右へ偏っていました。
短縮の要因は、大腿骨の短縮および下腿の内弯が強いためであると判断しました。

歩行時にこの影響が特に出現していたようで、右踵へ急激に重心が移動し衝撃が入ります。
その衝撃を吸収するために、右下肢の各筋が過度に活動し、その中で下腿後面筋に繰り返しの筋活動ストレスが加わっている可能性が高いです。

また、右側足底内側部の圧痛も認め、足底腱膜様の症状も呈していました。

局所評価では、アキレス腱付着部である踵の“内側”に圧痛を認めました。
内側の圧痛に関しては、接地から荷重期にかけて、足部の回内モーションが著明でした。
その結果、後面かつ内側への伸張ストレスが特に負荷となっていると考えられました。

 

【疼痛の原因と軽減の方法について】

ここで、これまでの姿勢と動作の観察と分析より、以下の通りの考察となりました。

≪疼痛の原因≫

1)右下肢の脚短縮による右への過度な荷重負荷

2)過度な荷重負荷および着地時の床反力増大のための筋の過活動(特に足関節底屈筋群)

3)踵接地から中期までの過度な足部の回内運動、蹴り出しでの足部回内位による足底腱膜と下腿後面筋への伸張+過活動負荷

≪疼痛の軽減策≫

1)脚長差の軽減 → 補高

2)アキレス腱(下腿後面筋)の伸張+過活動負荷の軽減 → 足関節底屈位方向への誘導(背屈運動の軽減)

3)足部の回内モーションの軽減 → 後足部の外反モーションの軽減

以上の考察より、インソールを作製し以下のように変化しました。

①立位姿勢です。

約1.5~2ミリの補高、また後足部の回外誘導(内反誘導)にて脚長差を修正。

骨盤ラインの水平化、肩ラインの水平化(右下制残存)を認めます。

身体重心位置も正中位に近づき、左右差が軽減しています。

この時点で、右への過度な重心移動は軽減し、アキレス腱への負担も軽減しています。

 

 

②歩行です。

踵接地時のアライメント変化です。

体幹・骨盤の正中化踵接地位置の改善(外転位の軽減)を認めます。

踵後面の痛みもインソールを入れることで即時的に軽減しました。

勿論、左下肢から右下肢への身体重心が移動するため、移動のタイミングなどもインソールにて調整はしています。

右下肢の痛みであっても、左下肢の影響も忘れてはいけないです。

 

インソールを処方した時点で、疼痛は軽減し、歩きやすさ、走りやすさを即時的に感じることができます。

ただ、踵後面の疼痛部位は慢性的な炎症が起きている可能性があるため、完全に痛みをとるには“良い姿勢での活動”を維持して、アキレス腱にかかる負荷も軽減する時間が必要です。

実際には、1週間で疼痛は80%軽減し、運動後のアイシングやお灸も必要ではなくなりました

更に1週間後には、ほぼ疼痛はなくなりました

↓↓↓↓クライアント様の感想をいただきました↓↓↓↓

正直、驚きました。

ここまで早く痛みが改善するとは思っていませんでした。

インソールを作製してもらって、はじめは少し楽な感じはありましたが、インソールの入った靴を履く度に徐々に痛みが減っていきました。

いつも練習後は痛みが強く、必ずアイシングをしていましたが、しなくてもいいくらい痛みが引いていきました。
また家に帰ってからも痛みが続くので、お灸をしていましたがそれもすることがなくなりました。

右脚が短かったことには、勿論気付いていなかったので今回指摘を受け、インソールで調整してもらったことでここまで変化することに驚きです。

友人のススメで半信半疑で伺いましたが、とても満足しています。

そして、トレーニング用のシューズだけでなく、普段用のスニーカーとゴルフシューズにも専用インソールを作製してもらいました。

インソールだけでここまで痛みが改善することで、痛みへの不安がなくなり、アイシングなどの手間も無くなり、パフォーマンスもアップしたことで

「精神的にも時間的にも機能的にも充実したスポーツ活動」

が可能となり、感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA