ランナーの下肢外側の痛みに対するインソール

ラン歴3年の方にインソールを作製させていただきました。

主訴は、「臀部~大腿外側~膝外側の痛みのため走ることができない」

昨年より痛みを感じはじめ、痛みがでればマッサージに通うことで改善はしますが、「痛みとマッサージの繰り返し」

そこで、以前インソールを作らせていただいたラン友さんから当店のことを聞き、来店いただきました。

まず、主訴や痛みの出だした経緯、症状から分析すると、「オーバーユース(使い過ぎ)による筋性疼痛」であると予測しました。

臀部から大腿・膝の外側にかけての疼痛は、「腸脛靭帯炎」が主な要因であることが多いです。

私も以前、走っていたときによくこの症状で悩まされました。

そして、なぜ痛みがでるのか、何が原因なのかを考え、いろいろと試した経験があります。

≪アセスメント≫

1)局所評価~全身機能評価(スクリーニング)

・疼痛部位 : 大腿筋膜長筋-腸脛靭帯、外側広筋、外旋六筋のtightness(++)、圧痛(++) ※両側(右>左)

・関節可動域 : 股関節・膝関節とも問題ないも、膝伸展+5°~10°と関節弛緩性(+) ※全身性に関節弛緩性(+)

・ASLR : R:L=70°:70°

・脊柱アライメント : 右側屈位 ※右腹圧(↓)

 

 

2)足部評価

・後足部 : 踵骨傾斜角などニュートラル

・中足部 : 回内(++)  ※ショパール関節での回内モーションが強い(右>左)

・足裏のベンチ・マメ : 足趾の先端や前足部にのみあり ※走ると爪が剥がれやすい (右>左)

・外反母趾 : 右が著明  ※内反小趾あり

 

3)姿勢・動作

①立位姿勢

【矢状面】

身体重心の前方変位 = 前足部荷重(++)、膝の過伸展(+)、胸椎の後弯

【前額面】

右肩下がり(肩甲骨の下制・下方回旋)・胸椎左凸の側弯、骨盤左変位、身体重心はやや右側変位

 

 

②歩行

【痛みとの関連モーション】

踵接地期が少なく、足底全接地(フットフラット)が早期に出現。

それに伴い、膝関節の屈曲が立脚を通じて持続し、股関節伸展・内旋が減少。
左側骨盤の下制・体幹右側屈位(++)

そのため、「後方重心位」「右下肢への重心移動の不足」が認められる。

結果、接地+荷重時の「大腿・膝外側筋群の過活動」による疼痛であると仮説に至った。

 

【疼痛の原因と軽減の方法について】

ここで、これまでの機能評価と姿勢・動作の観察と分析より、以下の通りの考察となりました。

≪疼痛について≫

1)接地~荷重相での膝関節屈曲位の持続 → 屈曲位となっている要因 : 体幹・股関節の筋力低下、胸椎の後弯、回内足

2)中足部からの急激な回内モーション出現による母趾内側荷重(++) → 外反母趾へ外反ストレス

3)前足部接地が早期であり、足趾の把持機能への依存(++) → 足趾のベンチ(++)、爪はがれ(+)

≪疼痛の軽減策≫

1)膝関節の伸展誘導 → 足関節底屈および股関節伸展誘導 : 後足部回外誘導

2)体幹右側屈の軽減 → 体幹・骨盤アライメントの正中化による重心移動の円滑化 : 後足部回外誘導

3)中足部の回内モーションの軽減 → 前足部荷重の軽減、膝屈曲位の軽減 : 母趾球~Ⅱ趾での蹴り出し誘導

以上の考察より、インソールを作製し以下のように変化しました。

 

【インソール装着による変化】

①インソール歩行

・右肩下がりは著変なし。

・左側の骨盤の下制は軽減し、フラットへ。

・身体重心位置は右下肢上へ移動も内側荷重が残存。

・踵接地が増え、立脚を通じて膝関節の伸展モーションが増大

・母趾~第Ⅱ趾での蹴り出し向上し、股関節伸展・ストライドが向上

 

②インソール歩行(1カ月後)

初回のインソール作製1カ月後にインソール調整で再度来店いただきました。

インソール作製後、徐々に走行距離を増やしていくことができ、疼痛も徐々に軽減していったとのことでした。

そこで更に動きを改善し、疼痛が出現しないよう調整を行いました。

・骨盤の左側挙上に伴う右肩の下制が軽減 → 体幹右側屈位の軽減

・右下肢への重心移動向上 → しっかりと荷重できている

・膝関節の伸展+股関節の伸展 → 前方への重心移動の円滑化

・母趾球~第Ⅱ趾での蹴り出し → ストライドの向上

・大腿外側筋群の筋tightnessの軽減

 

 

≪まとめ≫

インソールで疼痛の出現は抑えることができました。

メカニカルストレスの要因に関しては、「体幹アライメントと固定性の改善」「股関節の筋力向上」などの機能面の改善も必要でした。

そちらも指導させていただき、現状ではランニングを楽しまれているとお聞きし、とてもよかったです。

以下、インソールのご感想をいただきましたのでご覧ください。

 

↓↓↓クライアント様の声です↓↓↓ ※ご協力ありがとうございました!!

走り始めて2年半、昨シーズンはスタートとともに足を故障、そのまま騙し騙しに走り続けて何とかレースにも完走してシーズン終了、結果には満足出来ないでいました。

脚の具合は痛んだら整体でほぐして、走ってはまた痛めての繰り返し…根本的な解決にならないまま、走りたいけど走れないというストレスを抱えて途方に暮れていました。

そんな時にラン友さんからi-soul worksさんのオーダーメイドインソールの話を聞き、

今のままでは安心して走れない、先に進めない、だから試してみようと思いコンタクトを取りました。

メールでのやり取りを何度かした後、来店。

U18高校野球のトレーナーもされていた有名な方なので、若干緊張…取っ付きにくいかなと思ったけど、メールの文面どおりの穏やかないい感じの人でした(笑)

あまり時間を掛けれなかったので、1日コースを選択。

問診後、足型を取るのではなく、何度も何度も歩く、ジョギングする姿を観察、撮影してインソールの原型となるパースを足裏に貼り付けていくスタイル…数時間後にインソールが完成、それを持参したシューズにセットしてまた歩く、ジョギング…を繰り返して最終調整して完成!あっという間の3時間でした。

早速帰って試走、特に違和感なくきっちりとフィットして良い感じの仕上がり…それからニヶ月程走っても痛みは出ず、久々に満足できる走りが出来ています!

今は走りたい時に走れる嬉しさを感じでいます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA